とにいかくスムーズな査定商談が欲しい方を紹介しています

MENU

とにいかくスムーズな査定商談が欲しい方

有効的な交渉をはじめるためには
乗用車の見積りの申しこみをする場合は、査定担当者の対応を見て様子をつかむことが大切です。
差しずめ、査定をするのは人です。その人の品性にもよりますが、感覚を探し回ることで、ある程度の査定額の好みを把握することができます。もし、査定の際、担当者に誠意をあまり感じられないような場合は、高値は期待できないでしょう。

 

そうした場合は、交渉を打ち切って、他の業者に切り替えた方がいいかもしれません。感じのよくない査定担当者に対して、いくら愛車のアピール点を主張してもそれが通ることは難しくなります。査定士はスペシャリストなので、アピールしなくても基本的に査定アップの要点は見逃しません。

 

交渉を打ち切るタイミング

結末を焦りすぎて無理に成約すると、後ほど他のディーラーの査定額をみて後悔することになるので、感じが良くない時は、あっさり切り上げる方が堅実です。査定する人に対しては、少しはアピールしてもいいのですが、あまりしつこすぎると反対に感じが悪くなるので、配慮しなければなりません。

 

査定担当者は出来る限り早く契約を得たいと思っています。そのためには、好感触だなと感じていても、身長に焦らず対応するのが不可欠です。

 

 

車買取の時に査定を行いますが、より高くより上手に売却する方法を紹介しています。